ONLINE RESERVATIONS






Hotel History | ロイヤル ハワイアンの歴史

1927年2月1日にオープンして以来、ロイヤル ハワイアンは80年以上もの間、世界中のお客様をお迎えして参りました。マトソン商船会社の創立者、ウィリアム・マトソンによって建てられたロイヤル ハワイアンはマトソン社所有の新豪華客船「マロロ号」の旅客宿泊施設としてスタートし、当時はカリフォルニアからハワイまで、船で5~7日間もの時間がかかりました。ホノルル港では、長旗、レイ、ロイヤル・ハワイアン・バンドによる音楽とフラダンスで、上陸する乗船客達を歓迎しました。5日間の航海を終えて海を見飽きたお客様のために、ハワイの風、緑、そしてガーデンを楽しんでいただこうという配慮のもと、ロイヤル ハワイアンの半分以上の客室からガーデンの景色が楽しめるように設計されています。客室の天井は他のホテルに比べると大分高くなっていますが、その理由は、狭い船のキャビンで5日間も過ごされたお客様に開放感を味わっていただくためと、冷房のなかった当時、風通しを良くするためと言われています。


海軍の保養所時代

1941年のパール・ハーバー攻撃の翌年、兵隊が保養所として使用するために、ホテルは海軍に開放されました。主に潜水艦の兵隊を1週間ごとに交代で休ませ、宿泊代は将校が1泊1ドル、兵隊が1泊25セントで、1部屋3人で利用しました。1945年の終戦後、3年半ぶりにホテルが返還され、当時の200万ドルで修復された後、1947年2月1日に再オープンしました。


ココナッツ・グローブの由来

ピンク色のホテルを背景にそよそよと風に揺れる椰子の木は、ロイヤル ハワイアンのシンボルです。その昔、カメハメハ大王がオアフ島を征服した後、現在ロイヤル ハワイアンの位置する場所はアリイ(チーフ)の遊び場として使われていました。椰子の木立は最高チーフ、カクヒヘワによってその地に植えられ、やがてカアフマヌ女王がそこへサマー・ホーム(別荘)を建てました。

1927年にはホテルの敷地内に800本もの椰子の木が育ち、その当時3人の植木職人がそれらの椰子の木を管理していたとのことです。その後、ロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センターの開発等によって、椰子の木は減りましたが、今でも一部は敷地内に残されています。


ヒストリカル・ビルディングの手彫りドア

オープン当時は冷房がなかった時代だったので、風通しが良いように格子戸でしたが、約20年前、ハワイ州の火災予防条例が改正され格子戸が使用できなくなり、手彫りドアが取り付けられました。ドアの木材はナラの木を使用し、ドアにはハワイ州の紋章が彫られています。ここに記されたハワイ語、"Ua mau ke ea o ka aina I ka pono" は、カメハメハ3世の言葉「大地の生命は正義によって保持される」で、ハワイ州のモットーとなっています。


ロイヤル ハワイアン ホテルのピンク色の由来

ロイヤル ハワイアンの印象的なピンク色の外観には、こんな逸話が残っています。ウィリアム・マトソンの親友、サラ・ワイルダー夫妻がポルトガルへ旅行した際、リスボンの街のピンクの家を見て気に入り、自分たちの別荘、「キナウ・ハレ」をピンクに塗り替えました。その別荘を見たマトソン氏の娘、ラリーン夫妻がその別荘の色を気に入り、ホテルを同じ色に仕上げたということです。


マイタイ・バー

ラムをトロピカルジュースで割ったマイタイは世界的にも有名なトロピカル・カクテルの一つですが、このマイタイ、1944年にカリフォルニアで誕生しました。その後、ロイヤル ハワイアンでもオリジナルのマイタイを作ったところ、ワイキキビーチが目の前という絶好のロケーションも加わって、たちまち人気のカクテルになりました。多くのファンに愛されたマイタイにちなんで、室内にあったサーフ・バーを閉店し、1959年に、オープンエアの「マイタイ・バー」をオープンしました。マイタイ・バーがオープンして約50年経過していますが、リニューアルオープン後も、オープン当時と全く変わらないレシピで伝統的なマイタイをお楽しみいただけます。オーシャンフロントの最高の立地も手伝い、ここから見るサンセットは格別です。


最上を追求する新時代へ

2009年2月、伝説の「太平洋のピンクパレス」は、新たな容姿とともに全く新しいコンセプトのホテルにリニューアルオープン。スターウッド ホテル&リゾートの高級ブランド、ラグジュアリー コレクションの栄えあるメンバーとして、新装のロイヤル ハワイアンは常に最高を求めるゲストの皆様に、そっとその扉を開きました。

 
 
 

SPECIAL OFFERS

Honolulu Fashion Week Special

パッション・フォー・ファッション
ファッションショーVIPチケット付

パッション・フォー・ファッション
詳細はこちら